医療機関とエステでの脱毛方法の違いは

ムダ毛の処理を目的として、エステや医療クリニックに行く人は多いようです。エステや、医療機関での脱毛処理は、家庭で行う脱毛クリームやカミソリを使った脱毛より、きれいに処理することができます。脱毛の仕上がり具合はもちろんのこと、一昔前よりも技術はアップしており、低価格で高い効果が得られるようになっているのもひとつの要因です。エステで受けられる脱毛ケアと、医療機関での脱毛施術は、ほとんど同じように感じるかもしれませんが、機会のスペックは別ものです。医療機関ではレーザーによる脱毛が主流となっており、エステサロンではフラッシュなどの光脱毛が主な方法となっています。新しい体毛は、毛根部分にある毛母細胞によってつくられますので、レーザー脱毛も、エステの光脱毛も、その毛母細胞を壊します。レーザーを使った脱毛施術は、資格を持つ医師でなければ使うことができませんので、エステではレーザー脱毛が認められていません。あまり時間をかけずに、効率的に脱毛施術をうけたいのであれば、病院のレーザー脱毛を使ったほうがいいでしょう。ただ、脱毛の威力が強い分だけ、レーザーの方が光脱毛と比べて痛みを感じやすく、費用が高くなる傾向があります。施術時の痛みについては、医療機関での脱毛でも、エステの脱毛でも起こりえますが、麻酔効果があるクリーム等で痛みを緩和することができます。費用面でも、脱毛専門の医療機関も増えてきており、低価格でレーザー脱毛を受けることの出来る所も増えてきています。医療機関には医療機関の、エステにはエステの、強みと、弱みが、それぞれあります。どちらの施設を利用して脱毛をするかを、あらかじめ検討してから利用することです。
引越しの見積もり

医療機関とエステでの脱毛方法の違いは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です